ワンダと巨像と土と空

 

ワンダと巨像と土と空は『ワンダと巨像』『ICO』を中心に、管理人NICOの気の向くままにエンタメ情報を収集しているブログです。ゲーム・アニメ・映画etc...なんでもござれ!!

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.05/ 31 [Wed]

 FF12オリジナルサウンドトラック 本日発売

今日発売になりました。
FINAL FANTASY XII オリジナルサウンドトラックです。
ファイナルファンタジーXII オリジナル・サウンドトラック

本当は4月発売予定だったんですけど、延期になって本日の発売となりました。
なかなかかっこいいパッケージです!ジャッジ5人がででんと。
主人公がパッケージの表面にまったく載っていないとは(笑)。
それもFF12らしいといえばらしいです。

この記事ももちろんサントラを聞きながら書いてます。
同梱されたパンフレットにも載ってましたが、FF12の音楽は正統派オーケストラで音楽の幅を利かせようというコンセプトに作られただけあって、壮大な感じがします。
特に今(わたしが)聞いている帝国軍のテーマの曲は重層感があって。
やはりオーケストラというのは音楽の奥が深いなと。

ちなみにFF12のゲーム本編は、2週間くらい前にやっとプレイし始めました。
ストーリーの流れとしては帝国に乗り込もう!というところの直前。
レベルがあまりあげてなかったせいか、そろそろバトルが苦しくなってきたので、帝国には入りましたが、そこからイベントは進めないでモブ退治にいそしんでます(笑)。
レベルが低いときには怖くては入れなかった洞窟に足を踏み入れたり、古代の噴水を上げてみたら召喚獣に出会っちゃってま~大変!なんてこともありました。

FF12のバトルシステムは、ワールドフィールドとバトルフィールドが同じなんですが、このシステムはスンバらしいですね!(゜∀゜)
本当にイヴァリースを歩いて旅している気分になれます!
ガンビットというバトルスタイルも、慣れるまでは大変でしたが慣れればこっちのもんというか(笑)
プレイヤーキャラよりも明らかにレベルの低い敵がいるエリアでは、全員ガンビットをONにしてお任せで戦ってもらったりして。快感です。

隠れ召喚獣を何対か見つけたらストーリーも進めようと思います。
今の段階じゃ、怖くて前にいけない…。
あ、これまでの話でもうばれてしまったかもしれませんが、わたしはRPGはとことんレベルを上げてから先に進むタイプです(笑)
明らかに強すぎる相手には戦いは挑めません!!(゜∀゜)
なので、FF12も終わったころにはレベル75とかになってるんだろうな~…。

エンディングまで行った方、ラストは内緒でお願いします(爆笑)
ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card付きファイナルファンタジーXII オリジナル・サウンドトラックファイナルファンタジー12 シナリオアルティマニアファイナルファンタジー12 バトルアルティマニア
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

★注意★
アダルトサイトや会員登録によるビジネスサイト、
およびそれに順ずるようなサイトへのリンクを貼ったコメントは禁止です。
違反コメントは内容に関わらず削除します。
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
    ※アドレスは管理人にのみ表示されます。
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

Menu

もう一度きみに会うために、ぼくらは戦う。
Shadow of the Colossus
Wanda and Colossus
―We battle in order to meet you again.
無料カウンター

PS3版 発売決定!

「ICO」と「ワンダと巨像」がPS3でリメイク決定!


ICOワンダと巨像

ブログ検索

カレンダー

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人のこと

NICO(にこ) QRコード

[ICO&ワンダと巨像]関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。