ワンダと巨像と土と空

 

ワンダと巨像と土と空は『ワンダと巨像』『ICO』を中心に、管理人NICOの気の向くままにエンタメ情報を収集しているブログです。ゲーム・アニメ・映画etc...なんでもござれ!!

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.12/ 05 [Mon]

 [所感]書けない…(T^T)

『ワンダと巨像』をクリアして、もう2週間はたったわけですが…。
感想が書けません!(TAT)

単純に、エンディングが切なかったからとかそういう理由ではなく(いや、もちろんそれもありますが)、これまでずっと楽しみにしてきた『ワンダと巨像』をいざプレイしてみて、そしていざクリアしてみると、なんだか夢から覚めちゃったような…喪失感が大きくて。
本当に言葉が出てこないんですよ~!(≧_≦)
えらいこっちゃです…orz

『ワンダと巨像』という作品に関しては、受身の立場で発売を楽しみにしていた他のゲームとは違って、みずから情報を集めてしかも発信するという、これまでにない接し方をしてきたのもあって、プレイヤーとして純粋に感想を言葉に出すということができないというのもあるのかも。。。

ということで、純粋な「感想」というものは書くことを断念します!(゜∀゜;)
おそらく物語の考察の方がペン(キー?)が進むかな?ということで、お許しを…。

とはいえ、まったく感想がないというのもなんなので、ちょこっとだけエンディングに関しての簡単な所感(ネタバレ微弱)を。。。

物語に関しては、発売前から自分の中で想定していた登場人物の背景とエンディングがあったのですが、ほとんどの点で大きくは外れていなかったです。
発売前に一度だけ書いた、ワンダの衣装の紋様に基づいた「古えの地」と「少女の魂を甦らせるということ」に関する考察も、焦点はほぼずれていなかったですね。
それから、同じ記事でちょろっと触れた「ワンダと少女の正体」についてのわたしの個人的な予想も、『ワンダと巨像』をクリアすることで大きく覆されることは無かったです。
(この点については、考察として後日まとめたいと思います。)

予想していた内容と大筋では一致していたわけですが、それでもやはりあのエンディングは衝撃でした。
うちの雑談掲示板でもたくさんの方がアナザーエンディングを求めて検証していらっしゃいますが、「別の結末はないの!?」というその気持ちは痛いほど分かります(T^T)

ですが、『ワンダと巨像』という作品としてはあれが過不足のない、この作品にふさわしいラストだったんじゃないかな…。とも思います。
あの歯がゆさ、もどかしさ、やるせなさ、切なさ…。
それを感じることができてこそ、『ワンダと巨像』の物語が完成するんじゃないのかな、と。
すべての巨像を倒して、ワンダの願いも叶って、ハイみんなで幸せランラン♪だったら、逆に本当に味気ないと思いますし(^^;
巨像という巨大な敵を倒す達成感と、最後に待っている結末に感じる感情とのギャップがちょうどよいバランスで共存し、それによってユーザーにより大きく訴えるものがある作品だ、と感じました。

ストーリーに関してはほんとうにユーザー自身に委ねられるところが多くて、そのぶん1周目をクリアしたもののいまだに2周目プレイをためらっている自分がいます(^^;
もう少し、ファーストインプレッションを噛み締めてから、新たな気持ちで「古えの地」に旅立ちたいな~と思います♪

お!?もしかしてなんだかちょっと感想っぽい!?
この調子なら書けるかも!?(゜∀゜)
B00064A8G6■ワンダと巨像

発売3週で18万本達成です!
by G-Tools
スポンサーサイト

Comment

私は「書けない…(T^T)」というのが1つの感想だと思いますし、この記事も十分感想になってると思います。
今の『ワンダと巨像』が完成形なんですね。私もその通りだと思います。
エンディングが今のものと違っていては、確かに世界観そのものを壊してしまいますね。
「別エンディングがあると良いな」というのもただICOの時も大きな変化は無かったように、その程度の変化があると嬉しいなくらいのつもりだったのだと思います。
要するに『ワンダと巨像』を隅々まで楽しみたいだけなんだと思いますよ。
だから私は今も『こんな場所が有ったんだ!』『こんなことできたんだ!』『こんなバグがあったんだ!』を発見するつもりで、ハードタイムアタックをクリア後、パラシュート片手に古の地を隅々まで旅をしています。滝つぼの中まで(^^;
  • posted by ふみ 
  • URL 
  • at 2005.12/06 00:37 
  • [Edit]

「ワンダと巨像」をプレイしていないんですが、プレイ画面(動画)は観ました。本当にあれは…ゲームではなく冒険そのものですね。動画を観ただけでも巨像の脅威に驚かされました。これは面白そうだと感じましたよ。僕も早く受験を終わらせてプレイしてみたいです。皆さんがこの様に感動なさっている程の作品なので本当に期待しています。
  • posted by YuA 
  • URL 
  • at 2005.12/07 21:47 
  • [Edit]

NICOさん、ども~v
NICOさんの「書けない・・・」っていう感想読ませてもらいました
私もFF12が発売されたらおそらく同じような気持ちになるんだろうな・・・と思いながら・・・
私の場合、ワンダをクリアしたばかりの時はほとんど放心状態で
どうあの話を受け止めていいのか本当にわからなかったんですよね
今では時間が経ってゆっくり消化できた事もあって普通に考えられるようになりましたけど
直後はちょっと無理でした;;;

ところで
上田さん達が「ワンダと巨像」で使っているというものすごい技術の数々を解説している記事があったのでURL残していきますねv
これを読んでますます「ワンダと巨像」が好きになりました!
絶対に手放さないぞこのゲームだけはっ!w
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20051207/3dwa.htm
  • posted by ちゃぬ 
  • URL 
  • at 2005.12/07 22:50 
  • [Edit]

はじめまして!

ICOとワンダの信者、PLUMI0です。いつも楽しく読ませていただいています。勝手ながらTBを貼らせていただきましたので御挨拶をと書き込ませていただきます。
NICOさんに感化されて僕も北米攻略本を買いました!高級感があっていい本ですね。パラパラめくってるだけでも楽しいです。なんだか美術の本を読んでるようで得した気分です(^^)
それでは今後ともよろしくお願いします。
  • posted by PLUMI0 
  • URL 
  • at 2005.12/08 20:08 
  • [Edit]

トラバさせていただきました

はじめまして、「脱力日記」より
トラバさせていただきましたつん宮と申します。クリア後のあの喪失感は私も感じました。本当に不思議なゲームですよね。今年一番のゲームです。
制作チームの次回作に期待ですね!
  • posted by つん宮 
  • URL 
  • at 2005.12/09 22:21 
  • [Edit]

ようやく落ち着きました(^^)ゞ

みなさま、コメントありがとうございます~(T▽T)

▼ふみさん
>私は「書けない…(T^T)」というのが1つの感想だと思いますし、この記事も十分感想になってると思います。
そういっていただけると…ほっとしました(^^)
パソコンに向かう前は、なかなか考えがまとまらなかったのですが、いざ書き始めてみると自分の想いが形になっていきましたね。
改めて、「書く」ってすごいと思いました。

>要するに『ワンダと巨像』を隅々まで楽しみたいだけなんだと思いますよ。
そうですね~。
これでもかというくらい遊びつくしたくなるゲームですし。
ちょっとした変化でも、気がつくとちょっとテンション上がりますしね♪
わたしも新たな発見をしに、古えの地に再び旅立とうかな~( ̄▽ ̄ )
それこそ、滝つぼの中まで(笑)

▼YuAさん
>僕も早く受験を終わらせてプレイしてみたいです。
受験生さんですか!それは切ないですね(>_<)
ぜひぜひ春が来たアカツキには「ワンダ」の世界を楽しんでください!!

▼ちゃぬさん
どもです~♪
>私の場合、ワンダをクリアしたばかりの時はほとんど放心状態で
どうあの話を受け止めていいのか本当にわからなかったんですよね
そうなんですよね…。
わたしも、どう受け止めていいのか分からなくて(>_<)
でもほんとうに、ただただ放心している自分と、冷静に物語を分析している自分とが共存していて、変な感覚でした(^^;
今はだいぶん落ち着いたので、冷静に分析を。。。と思ったのですが、クリアしちゃうと気が抜けちゃったというか(笑)
いまでも結構ぼ~っとしてて、未だに分析も書けずじまいです。いかんいかん…orz

>上田さん達が「ワンダと巨像」で使っているというものすごい技術の数々を解説している記事
情報ありがとうございます!!
いや~。すごすぎてよく分からんのですが、すごいと言うことは分かります!!(笑)
改めて「ワンダと巨像」って技術的にもかなりすごいゲームなんだな~と実感。
わたしもこのゲームは手放しませんよ!!!!(゜∀゜)

▼PLUMI0さん
はじめまして~。初コメントありがとうございます★
ブログで紹介までしていただいて、光栄でございます(≧∀≦)
>北米版攻略本
購入されましたか!!
ほんとに、こんなに人にオススメする本はないです!ってくらいオススメしまくってますけど(笑)、この本は本当に素敵ですよね~。
ワンダファンの心をがっちり掴んで離しませんよね(^^)
気に入っていただけたようで、オススメした身としてもうれしい限りです♪

▼つん宮さん
はじめまして★コメント&トラバありがとうございます。
>本当に不思議なゲームですよね。今年一番のゲームです。
いや~。ほんとうに今年1番です!
あさってキングダムハーツ2が出ますけど、わたしにとっては「ワンダ」が1番です!!
もっと「ワンダと巨像」をたくさんのユーザーに注目してもらうためにこれからも頑張りますよ!!
  • posted by NICO 
  • URL 
  • at 2005.12/19 23:49 
  • [Edit]

コメントの投稿

★注意★
アダルトサイトや会員登録によるビジネスサイト、
およびそれに順ずるようなサイトへのリンクを貼ったコメントは禁止です。
違反コメントは内容に関わらず削除します。
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
    ※アドレスは管理人にのみ表示されます。
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

Trackback

トラックバックURL
http://wandatokyozo.blog3.fc2.com/tb.php/463-d8db7a10
※トラックバックは管理人の承認後に表示されます。承認に数日かかる場合もありますのでご了承ください。
アマゾンで購入したワンダのサントラと北米版攻略本が昨日到着しました。北米版の攻略本は「ワンダと巨像と土と空」というBlogでNICOさんが紹介されていたのを見て思わず注文してしまいました。 「ワンダと巨像と土と空」http://wandatokyozo.blog3.fc2.com/ 洋書というだけ
今年やったPS2ソフトの中では、自分的にトップのゲームである。簡単にあらすじを述べると、ワンダという青年がある少女(Mono)を蘇らせるため、総勢16体の巨像を倒しに行くという話だ。クリア後の感想は…泣いた泣いたっていっても、大泣きしたわけじゃなくて、ほろっとき
無料オンラインPRG「WYD」12月9日にオープンした無料オンダインゲームで

Menu

もう一度きみに会うために、ぼくらは戦う。
Shadow of the Colossus
Wanda and Colossus
―We battle in order to meet you again.
無料カウンター

PS3版 発売決定!

「ICO」と「ワンダと巨像」がPS3でリメイク決定!


ICOワンダと巨像

ブログ検索

カレンダー

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人のこと

NICO(にこ) QRコード

[ICO&ワンダと巨像]関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。