ワンダと巨像と土と空

 

ワンダと巨像と土と空は『ワンダと巨像』『ICO』を中心に、管理人NICOの気の向くままにエンタメ情報を収集しているブログです。ゲーム・アニメ・映画etc...なんでもござれ!!

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.04/ 09 [Sat]

 ツバサ・クロニクル第1話感想

今日から始まりましたアニメ『ツバサ・クロニクル』。
見ましたよ。リアルタイムで。
ビデオにも撮ってしましました。
ということで、言いたいことがたくさんできちゃったので、書かせていただきます!
辛口そして長文です。
読んだあとに気分を悪くしちゃったらごめんなさい。
これも『ツバサ』に対する愛情ゆえなので、お許しを~m(_  _)m


《ほかの人たちの感想》
エッジさん [あっけらかんと]
あまみやさん [溺れる魚]
かばかばさん [RD-アニメ-style]
きょんさん [slowly times]
ろく太さん [マジョマジョ]

ほかの人の感想をみたら、結構受けがよいようです。
そうかなぁ…?というのが正直なところ。
全体の感想を一言で言うと…
45点。



まずは絵からものすごく違和感が。
確かに今までのCLAMPアニメの中では、画質はオリジナルに近いとは思います。
ですが、なにか違和感が。
「なんでか?」と思って、もう一回見ました。

で結論は、「表情がない」ということ。
原作『ツバサ』の魅力のひとつは、生き生きとしたキャラクターでないかと思うんです。
うれしい・悲しいという基本的な感情でけでなく、はにかんだり、ちょっと意地悪だったり、ひょうひょうとしていたり、そんな複雑な感情が描かれている。
だからこそ、キャラクターがまるで本当に生きているかのように「そこ」に感じられるんではないでしょうか。

でも、アニメ版のキャラクターにはそれが感じられない。

サクラが小狼に「好き」と言おうと思うのになかなか言い出せないというもどかしさが、絵にはまったく現れていない。
それどころか、サクラが小狼のことが「好き」だということすら、絵を見る限りではよく分かりません。

お城を抜け出してこそこそと帰ってきたサクラが、桃矢に見つかって気まずいはずなのに、それも見えない。

サクラの「羽根」が飛び散って、一刻も早く対処しないと命に関わるという場面なのに、小狼に「サクラを助けたい」という必至さが伝わってこない。
そのうえ、妹を何より大事にしているはずの桃矢が「サクラを頼む」と言って口元に笑みを浮かべている。
しかも更に、小狼はそれに笑顔で返事をする。

キャラクターが物語の先を知っているとしか見えない演出になっしまっています。
原作の第1話は、前半はサクラのほんわかした雰囲気、後半は物語が始まるスピード感と緊張感が絵だけで充分に表現されています。
アニメでは、後半の緊張感をBGMでなんとか出しているといった感じ。
かなりがっかりです。
雛咲日向さん[Free Taker]も同じような感想を書いてらっしゃいます。)


それから、声優さんの演技。
とくに主役の2人の演技がまだまだ固くて、小狼とサクラの人柄を演じきれてないと思います。
小狼は、普段は穏やかですが、芯には熱いものを持っている。
サクラは、そこにいるだけで周りを幸せな気分にさせてくれる。
アニメではその人柄があまり感じられません。
とくにサクラは声質はよいと思いますが、話し方から「サクラ」を感じることができません。
もう少し研究してほしいと思います。

キャスティングに関しては「やっぱりカードキャプターの声優陣がよい」という声もありますが、もうどうしようもないので何も言いません。
一番違和感なかったのは桃矢兄ちゃんですね。


そして、ストーリー展開とこまごました演出について。

1話に無理やり黒鋼とファイをださなくてもよかったのでは?
あわただしく登場しちゃったので、ふたりが異世界に行くことになった経緯があまりよく分かりません。
黒鋼と知世姫の(ある意味コミカルな)関係や、ファイがもつアシュラ王への感情が描ききれなかった感じがします。
とくに、セレス国で争いが生じているということ示すカットが削除されてたので、ファイの切羽詰った事情は見て取れませんね。
2話以降で描かれるのかもしれませんが。

それから、サクラが遺跡に「呼ばれる」シーン。
遺跡に引き寄せられるかように、サクラの身体が前方向に浮いていくというイメージを持っていたのですが、アニメではふわふわ浮いちゃってました。
これもまた、かなりの違和感。

そして、雪兎が小狼とサクラを「次元の魔女」の元に送るシーン。
ここは、負傷した王と記憶を失った姫、ふたりの命が危ぶまれ一刻を争うという事態に、神官である雪兎が小狼とサクラを異世界に送るという、第1話のクライマックスであり、かなり切迫したシーン。
異世界に人を送るということは、自分の持てる魔力を総動員して、やっと1回できるかできないかっていうくらいのレベルの行為。
これをしようとしたとき、雪兎にはかなりの決意があったはず。
原作にある「すべての責はわたしが負います。」というセリフにも、その決意が読み取れます。
が。
アニメの演出じゃ、雪兎も桃矢も単なる正義のヒーロー気取りに見えてしまう。
桃矢とサクラは、ふたりとも雪兎にとってなによりも大切な存在であり、その大切な人の命をどうしても助けたいという想いが雪兎にはあるはずなのに、その必至さは見えない。
なんだか、あれよあれよという間に異界に送っちゃった~という感じがします。
この雪兎には、彼が持っているはずの魔力と心の強さが感じられず、がっかりました。

あと、桃矢の「サクラを頼む」というセリフ。
大半の方が「かっこい~!」という感想のようですが、これまた桃矢の気持ちになったらちょっと変。
大切な妹の「運命の人」に対して、桃矢には少なからず嫉妬心があるはずなのでは?
小狼を(心の底からでないにしても)「腹が立つ」といっている以上、そんなに簡単に瀕死の妹を「頼む」と、直接言えないんじゃないの?というのがわたしの感想。
本当に大切なら、「自分が助ける!」というはずでは…。
せめて、遺跡の中に入っていった小狼の背中に「妹を頼む」と言ってほしかった。
そっちのほうが桃矢の複雑な感情が見えるし、かっこいいと思うんですが…。

あとは最後の「サクラを助けてください!」。
ほんとにそう思ってる?と聞きたくなりました。
小狼が日本に送られた直後に、侑子を目にして「あなたが次元の魔女ですか!?」って切羽詰って聞くというシーンがカットされていたので、「どんなことをしてでも、なんとかサクラを助けたい」という小狼の強い想いはほとんど感じられず…。
なんだかとてもおとなしく聞こえました。
重大なシーンなだけにもったいない。

音楽はボーカルが入っていることで、無理やり盛り上げようという意図が見え見え。
斬新で悪くはないのですが、ボーカルが妙に気になる…(-_-;
オーバーアクションな人を見ているような感覚になります。
なんとなく全体的には好かん感じです。やっぱボーカル入りがダメだわ…。
前半に流れていたスペイン風(?)の音楽はいいと思います。


ということで、総合的に見て45点ですかね。
かなり期待していただけに、めちゃくちゃ裏切られた感じです。
わたしが原作派なので、ある程度の違和感は仕方がないかもしれませんが、それにしたって…(-_-;
2年放送することが決まっているらしいですけど、それなら鋼の錬金術師を2年にしてくれと思います。
間違いなくDVDは買いません。

ここまでマイナス評価ばかりでしたが、それはこの物語の重大なテーマに「こころ」というものがあるからこそ。
「こころ」が物語のキーである以上、キャラクターからそれが感じられないというのは矛盾したオハナシ、というものです。
もっと登場人物の感情やこころが見える演出(絵・声・音楽)をお願いしたいです。

今回はかなりのマイナス評価をしましたが(我ながらよく斬ったなぁ:笑)、CLAMP原作アニメなんで、今後もたぶん見続けますね。
今後はよい意味で裏切られることを期待しつつ。。。
ほんと、よろしくお願いしますよ~(^^;
スポンサーサイト

Comment

なるほど~

文中リンクありがとうございます。
鋭い考察で参考になりました。
僕は原作未読なんで全てを受け入れてましたけど、表情に関しては確かに硬い印象を受けましたね。
こちらでは低評価ですけど、作品の質自体は悪くないと信じ、アニメをしばらく見て、その後で原作も見てみようと思います。
  • posted by エッジ 
  • URL 
  • at 2005.04/09 22:47 
  • [Edit]

すみません…

コメントありがとうございます。

辛口評価ですみません。。。
ほんと申し訳ないです…。
ちょっと期待しすぎていただけかもしれません。
CLAMP15周年の記念すべきアニメですからその辺はお許しを^^;

>作品の質自体は悪くないと信じ、
確かに質自体は悪くないですね。
問題なのは演出だと思います。
これは今後いくらでも改善できると思うので、期待して見ようと思います。
  • posted by NICO 
  • URL 
  • at 2005.04/09 23:09 
  • [Edit]

的確です~

話の中身はあまり深く考えて見てなかったので言われてみれば…ってところがいっぱいでした。
サクラと小狼の会話にもどかしさを感じなかったのはあの表情の薄さのせいでしたか。原作のあのシーンは好きなんです。想いがすれ違ってる感じが。
話が進んでくうちに改善していってほしいと思います。
  • posted by ろくた 
  • URL 
  • at 2005.04/09 23:26 
  • [Edit]

初めまして。

初めまして。同じF2ブロガーの履歴から辿って参りましたNIMと申します。
拙き文ながらツバサの感想を気に留めて頂けて嬉しく、コメントの形で参上いたしました。

私はCLAMPの作品は聖伝連載開始からよく読んでますが、最近の作品(ツバサ、xxxHOLiC、こだま)は忙しくて読んでおりません。
しかも特撮ファン経由で視聴を決定しているため、かなりNICOさんとの観点とはズレたベタ褒め感想となり不快感を覚えたかもしれません。

よくこちらの感想を読んで思うのは、詰め込みすぎとスピード感を出すためカットされた言葉の数々。
雪兎さんの「責任」発言は私も是非入れて欲しかったと今思います。
ただCLAMP作品は伏線という伏線を張り放題なことが多いですから、アニメというメディア、視聴者の年齢層および理解度を考え、これから徐々に諸事情を描いていく予定なのかもしれません。
CCさくら経由の低年齢層ファンだと、ツバサの伏線はややこしく感じるかもしれませんし。

表情については盲点でした。サクラがさくらに比べて天真爛漫さに欠けているような演技をしているのは、さくらの時より年齢があがっているからで、それで表情の表現も違うのかなと理解していました。
原作ときちんと比較しないと分からないことも多いですね。
近々原作を読んでみなくては。

長文にて失礼いたしました。今後の感想も楽しみにしています!
  • posted by NIM 
  • URL 
  • at 2005.04/10 02:25 
  • [Edit]

ありがとうございます

初めまして、NICOさん。履歴から辿って参りました、海月と申します。

コミックの情報ありがとうございました!すっごく楽しみです!『XXXHOLiC』も同時発売だそうで、楽しみが2倍です!

こちらでの感想も参考になりました。先にコミックを読むと、演出に違和感を感じることがよくありますが、期待を裏切られないことを祈るばかりです。

あと、別記事ですがFF7ACの情報も読ませていただきました。こちらも楽しみですvv
また遊びに来させていただいてもよろしいでしょうか。
では、この辺で失礼します。ありがとうございましたv
  • posted by 海月 
  • URL 
  • at 2005.04/10 21:10 
  • [Edit]

たくさんのコメント…恐縮です(>▽<)

▼ろくたさん
>原作のあのシーンは好きなんです。想いがすれ違ってる感じが。

わたしも好きなんですよ。あのシーン。
なのでなおさら、アニメでは想いがすれ違ってるもどかしさが感じられなくて、とても残念でした…(;_;)
もどかしさが表現されていないことに、別の意味でもどかしさを感じてしまいましたね(苦笑)

▼NIMさん
>不快感を覚えたかもしれません。
いえいえ!そんなことはまったくないです。
むしろわたしの方が不快感を与えてしまったのではないかと思います。
申し訳ないです。

>CLAMP作品は伏線という伏線を張り放題なことが多いですから、

確かに、CLAMP作品には伏線がてんこ盛りですよね(^^;
なんですが、今回の『ツバサ』第1話に関しては、原作よりアニメの方が伏線を張りすぎたのでは?と思うんです。
黒鋼とファイが第1話に登場しちゃったことで、説明しなければいけないことが第1話に詰め込まれ過ぎちゃったと思います。
黒たんやファイはちょこちょこっと出ただけなので、小さいお子さんたちにはかえって「?」という感じになってしまうのでは…。
原作の第1話には、黒鋼もファイも、謎の少年(←たぶん一番大きな伏線)も出て来ませんし、だからこそ、物語の舞台説明とストーリー展開が結構すっきりとしてるんですが。

▼海月さん
>『XXXHOLiC』も同時発売だそうで、楽しみが2倍です!

同感です!1日で2度おいしいって感じですね(笑)。
『XXXHOLiC』はコミックが発売される頃に、本誌連載で『ツバサ』とのからみがあることが多かったので、今回も発売日前後に本誌連載で何か動きがあるのでは…と、勝手に深読みしてます。

>また遊びに来させていただいてもよろしいでしょうか。
もちろんですっ!!
ぜひぜひ遊びにいらしてください☆お待ちしてま~す(^O^)/
  • posted by NICO 
  • URL 
  • at 2005.04/10 23:29 
  • [Edit]

なるほど・・・。

はじめまして。
この度は私のブログへのコメントありがとうございました。

さて、本題ですが、私は元々から口コメントにはなれてない・・・(以下言い訳のため省略

NICOさんのコメントにはなかなか考えさせられるところがありました。
私自身辛口コメントを書いているのですが、実際、本音が辛口コメントであり、その前のコメントはほとんどの人がいうであろうことをそのまま感想にあらわしたものだったりします。
とまぁ、こんなことはさて置いて、本題です。

同じ辛口コメントを書いているのにもかかわらず、NICOさんのコメントには説得力を感じ、あぁ、そうだなぁ~。と、同じく辛口コメントを書いているのに思わされました。

それに、私の気づかなかったところも多からずありまして・・・。

さて、つたない文章でしたが、次回は辛口コメントを書かなくていいことを祈りつつ閉じさせていただきます。(それでも私は書くと思いますが・・・。)
  • posted by 雛咲 日向 
  • URL 
  • at 2005.04/11 19:45 
  • [Edit]

はじめまして

文中リンク、ありがとうございました!!恐縮です。
拙くて、感想には程遠くてすいません。とにかく突っ走って書いていたばかりです。

NICOさんの記事を読ませていただいて、なるほどーと思わせられる部分が多々ありました。
小狼くんとサクラちゃんの声は、次回に期待したいです。特に小狼…!!

色々興味深い記事が多いので、ちょこちょこ通わせていただいてじっくり読ませていただきたく思います。ではでは短いですが、本当にありがとうございました!
  • posted by あまみや 
  • URL 
  • at 2005.04/12 00:50 
  • [Edit]

辛口は難しい…

コメントありがとうございます。

▼雛咲日向さん
>実際、本音が辛口コメントであり、その前のコメントはほとんどの人がいうであろうことをそのまま感想にあらわしたものだったりします。

ほとんどの人が思うであろう感想をも書いてしまうなんて、すごいです!
わたしはこの記事を書いていて、「ほかの人も同じ思いだろう」と勝手に思い込んでいましたから…。
自分の意見と異なる意見までもつということは、いろんな誤解や不和を生まないために必要なチカラですよね。。。
見習いたいですっ!

▼あまみやさん
>小狼くんとサクラちゃんの声は、次回に期待したいです。特に小狼…!!
ごもっとも!
明日、第2話が放送されますが、見るのが楽しみというか怖いというか…(^^;
ふたりともまだまだ伸びる役者さんだと思うので、がんばってほしいものです。
  • posted by NICO 
  • URL 
  • at 2005.04/15 23:50 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by - 
  •  
  • at 2006.01/06 16:52 
  • [Edit]

コメントの投稿

★注意★
アダルトサイトや会員登録によるビジネスサイト、
およびそれに順ずるようなサイトへのリンクを貼ったコメントは禁止です。
違反コメントは内容に関わらず削除します。
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
    ※アドレスは管理人にのみ表示されます。
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

Trackback

トラックバックURL
http://wandatokyozo.blog3.fc2.com/tb.php/119-c62b782e
※トラックバックは管理人の承認後に表示されます。承認に数日かかる場合もありますのでご了承ください。
 暑いですよ、昨日から! 30度超えなんて、夏じゃないっすか…。昨夜の仕事もクーラー入ったしね。{/face_ase1/} 今日も昼間は、Tシャツと短パンでしのぎました。夕方になると、さすがに冷えてきて通常に戻ったけど、こりゃなんじゃ?っていう気候だわ~。 午前中は、
第1話 「必然のデアイ」 ついに開始のツバサ・クロニクル~ 見るのは必然です(笑)覚悟してましたが、サクラと小狼、雪兎さんや桃矢の声が・・・違和感^^;でも、聞いてるうちに慣れてきました(笑)以外にも、ちぃ、知世や蘇摩まで1話から登場です^^砂漠の国・クロ
ついに今日から始まりました。 結果的には満足できました。 感想をちょこっと。 原作は本屋さんで知ったんですね。 絵に惹かれて手に取ると、サクラだとかシャオランだとかクロウだとか、聞いたことのある単語が。 よく見るとCLANPと書いてあり、納得。 そのまま購入し.
今週から始まりました。ツバサ・クロニクル・・・・・・・・・・(視聴中)・・・・・・・・・・(EDループ)さくらたん(;゚∀゚)=3 ムハーEDのループ最高ぉ~これで終わり(超マテ)まあまあの出来だと思います。まあ最初だからね、声優さんも慣れていないところもあったと
  • from CWD 
  • at 2005.04/10 22:22
時間がないので一気に二つ。とりあえず見た新アニメは「エレメンタルジェレイド」と「ツバサ」です。適当に録画しつつ、他のも色々見る予定。そういえば「スクライド」も一巻レンタルしました。こちらは今週の種デス後くらいに感想をアップすると思われます。ちなみにドラマ
何でこんなにドキドキするんだろう。漫画で数巻先まで読んでどうなるか分かってるのに!!Σ(・∀・;)クオリティ高いです。( ̄ー ̄)bグッ!音楽が梶浦さんだってすっかり忘れてたのに聴いた瞬間思い出しました!!あの独特の音楽は梶浦由紀さんの魔法だよ~(*´∀`*)サン
品質評価 14 / 萌え評価 23 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 14 / お色気評価 14 / 総合評価 14レビュー数 34 件 砂漠の中の国、クロウ国に住む小狼は、遺跡を発掘する仕事で生計をたてている。クロウ国の王女サクラとは幼なじみで、実は互いにひかれあっている

Menu

もう一度きみに会うために、ぼくらは戦う。
Shadow of the Colossus
Wanda and Colossus
―We battle in order to meet you again.
無料カウンター

PS3版 発売決定!

「ICO」と「ワンダと巨像」がPS3でリメイク決定!


ICOワンダと巨像

ブログ検索

カレンダー

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人のこと

NICO(にこ) QRコード

[ICO&ワンダと巨像]関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。