ワンダと巨像と土と空

 

ワンダと巨像と土と空は『ワンダと巨像』『ICO』を中心に、管理人NICOの気の向くままにエンタメ情報を収集しているブログです。ゲーム・アニメ・映画etc...なんでもござれ!!

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.03/ 22 [Tue]

 3/22 ICO関連記事ウォッチ

このブログは「ICO&ワンダと巨像ファンの輪を広げよう」という意気込みのもとで運営してます。
実はそんな目標があったのですよ。
ということで、どうやったらファンの輪が広がるかと足りない頭で考えてみたわけです。
で、結果は。ICOとワンダと巨像に関するブログ記事Watchなんてやってみようかな~と。
ということで、不定期更新で関連ブログ記事Watchやっていきま~す^O^



ICO[日刊シュガーレスゾンビ]by door_to_balさん

何が面白いって「空気」。3Dグラフィックスに巧みに取り込まれた音と光が、そこに色んな「空気」をつくるのだ。余計なBGMを省いた静寂の世界を、か細い足音と、通じない言葉で呼びかけ合う二人の声が、城の中に「空気」の揺れを生む。

ICOプレイ後の感想です。
ICOのもつ「空気」をとてもうまく表現してらっしゃって、「そうそう!」とひとりで大きくうなずいてました^^;


そして少年は言った。ここを出ようと。[リボルバー残弾数0]byレンさん

ただもう残念で残念でならないのが、ヨルダの描写と「手を繋ぐ」という行為の印象の薄さ。
(中略)…私は、そもそも彼女に人間性を求めていなかったんですよ。敢えて言うなら、作中でイコが言う「精霊みたいな」存在であって欲しかった。儚げで、神秘的で、手を離したら失ってしまいそうなゲーム中の独特の雰囲気を大事にしたかった。(中略)ゲーム中、最初は足手纏いとも思えるヨルダの手を引っ張って行って、それがいつの間にか当たり前で大事な行為になって、だからこそ「正門」での「手を離す」という逆の行為がとても痛い――その感覚がごっそり抜け落ちてしまっていたのは、ホント残念でなりません。

宮部みゆき氏著のノベライズ作品『ICO―霧の城―』の読了後の感想です。
ICOの世界は多くを語らないので、ノベライズするのはかなり困難だろうとは言われてました。
やはりゲームICOをプレイしたファンには「小説は別物」と考えている方が多いようですね。わたしも同感ですが。
ICOはプレイした人それぞれが自分の中で、ゲーム中で語られない部分を創造してこそ物語が完成する。
そんなゲームだと思うし、それがICOの最大の魅力じゃないでしょうか。


曲が・・・[oliverブログ日記 (・_・?)]by oliverさん

「NNNドキュメント'05」の「塀の中の20分 ~娘を殺された親と受刑者の対話~」でPS2用ゲーム「ICO」の楽曲が使用されていました!

ICO音楽の放送報告です。
ドキュメントとかワイドショーとかのテレビ番組では、よくゲーム音楽が使われますよね。
以前にも「とくダネ!」で「Castle in the Mist」が使われてました。
しかもわたしが聞いただけでも2回も
ゲーム音楽はJ-POPなんかと比べて知名度は低いですし、ジャンルもいろいろあるんで、番組制作者側としては使いやすいんでしょうね。
でも、自分が知っているゲーム音楽がニュースとかで使われると、とてつもない違和感があります^^;
前に、ニュースで「FFⅩ-2」の音楽(ノリノリの曲)が使われていた時はどうしようかと思いました(笑)
スポンサーサイト

Comment

分かる!

>自分が知っているゲーム音楽がニュースとかで使われると、とてつもない違和感があります

すごく分かります!
以前、大企業役員の汚職事件のニュースで、『ヴァルキリープロファイル』というゲームの音楽が使われてました。
それは、“脅威の魔獣”ブラットヴェインとの戦闘音楽だったのですが、「おカタい会社員の姿」と「化物との命がけの戦い」というあまりのギャップに笑ってしまいました!
  • posted by かば 
  • URL 
  • at 2005.03/22 21:30 
  • [Edit]

ですよね!

>、「おカタい会社員の姿」と「化物との命がけの戦い」というあまりのギャップ
それは笑えますね^^
知っているゲーム音楽が流れるのはなんとなくうれしいんですが、イメージとあまりにかけ離れてるとちょっと…って感じですね。
  • posted by NICO 
  • URL 
  • at 2005.03/29 13:51 
  • [Edit]

コメントの投稿

★注意★
アダルトサイトや会員登録によるビジネスサイト、
およびそれに順ずるようなサイトへのリンクを貼ったコメントは禁止です。
違反コメントは内容に関わらず削除します。
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
    ※アドレスは管理人にのみ表示されます。
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

Trackback

トラックバックURL
http://wandatokyozo.blog3.fc2.com/tb.php/102-2eeb26fd
※トラックバックは管理人の承認後に表示されます。承認に数日かかる場合もありますのでご了承ください。
 「この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから。」と素敵なフレーズがとても印象に残っているこのゲーム、本当に大好きなゲームの一つです。なお、このゲームのHPはhttp://www.i-c-o.net/です。...
 「ICO」のスタッフが開発中である「ワンダと巨像」(公式HPはhttp://www.playstation.jp/scej/title/wanda/)。この世界観・雰囲気はかなり好きなので、アクション・操作性があまり複雑でなければありがたいのですが・・・ ...
この人の手を離さない。 僕の魂ごと離してしまう気がするから。                   突然ですが、PS2用ゲーム「ICO」のレビュー。 安くて良作なゲームなので、興味のある方は「続きを読む」からどうぞ。

Menu

もう一度きみに会うために、ぼくらは戦う。
Shadow of the Colossus
Wanda and Colossus
―We battle in order to meet you again.
無料カウンター

PS3版 発売決定!

「ICO」と「ワンダと巨像」がPS3でリメイク決定!


ICOワンダと巨像

ブログ検索

カレンダー

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人のこと

NICO(にこ) QRコード

[ICO&ワンダと巨像]関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。